やけど

やけど跡や皮膚のひきつれを残さない為にも、やけどをしたら早めに皮膚科医にご相談ください。

軽いやけどだと思っていても、やけど跡やひきつれを残してしまうケースもあります。
やけどをしたら、自己判断をせずにできるだけ早く皮膚科医にご相談ください。

<このような方はお早めに皮膚科医にご相談ください>
・やけどをした箇所に水ぶくれができている
・やけどをした範囲が手のひらの範囲よりも広い
・やけど部分が白、もしくは黒くなっている
・関節や手のひらなどをやけどした
・痛みがひどい 
・湯たんぽでやけどをした(湯たんぽのやけどは重症である場合が多いです)
※やけどが特に広範囲で重症の場合は総合病院や専門病院をご紹介します

やけど治療で重要なのは、適切な段階で適切な処置をしていくこと

やけど治療で重要なのは、早期に治療することはもちろんですが、適切な段階で適切な処置をしていくことです。
やけどをしたら、すぐに患部を冷やし、自己判断で軟膏や薬をつけたりせずにできるだけ早く皮膚科医にご相談ください。

<やけどをした際に気をつけるポイント>
・すぐに患部を冷水などで冷やす
・やけどをした箇所に自己判断で軟膏や薬をつける前に皮膚科医に相談する
・やけどに民間療法(アロエなど)は極力行わないようにする
・服を着たままやけどした際は、服の上から冷やす

やけどの深さ:3つの段階

やけどは、その深さによって3つの段階にわけられます。

第1度:水ぶくれはなく、皮膚が赤くなっている。
必ずしも治療の必要はありませんが、痛みやヒリヒリする感じが気になるようなら、一度ご相談ください。

第2度、水ぶくれができている
水ぶくれができているようなら、一度皮膚科を受診しましょう。やけど直後は水ぶくれになっていなくても、しばらくしてから水ぶくれになった場合も、早めに受診して下さい。

第3度、皮膚が白あるいは黒っぽくなっており痛みがあまりない
すぐに皮膚科を受診しましょう。皮膚組織が焼けてしまったり熱でなくなってしまっている状態ですので、治るまでかなり時間がかかり、場合によっては皮膚移植が必要なほど深いやけどです。

麹町皮ふ科クリニックでは、やけどの治療に力を入れています。

最初は軽いやけどのように感じても、実は皮膚に深いダメージをおっている事も多いのがやけどです。できる限り、自己判断せずに皮膚科医の診断を受ける事が重要です。近年では、湯たんぽの使用によりご本人が気づかぬうちに深いやけどを負ってしまう方も多くいらっしゃいます。
麹町皮ふ科クリニックではやけどの治療にも力を入れています。早期の治療でやけど跡や引きつれを残さないようにしましょう。

麹町、半蔵門、永田町駅徒歩1~5分でアクセス良好・WEB予約でスムーズ受診

麹町、半蔵門、永田町駅などの各駅からアクセス良好な他、四ツ⾕や⾚坂⾒附駅からも徒歩でお越しいただけます。東京メトロの複数路線をご利⽤いただけるため、関東一円から患者様にお越しいただいております。

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分・WEB予約でスムーズ

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分、各駅からアクセス良好な他、四ツ⾕や⾚坂⾒附駅からも徒歩でお越しいただけます。地下鉄をご利用頂けば市ヶ谷駅からも約5分でお越しいただけます。東京メトロの複数路線をご利⽤いただけるため、他県からも患者様にお越しいただいております。

 
診療内容

google map

駅から近い! 各種トラベルワクチン常備 夜8時まで診療

〒102-0093
東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル地下1階

【ACCESS】
麹町駅:1分、半蔵門駅:4分、永田町駅:5分、四ツ谷駅:10分、赤坂見附駅:10分、市ヶ谷駅(有楽町線+徒歩):5分
【診療時間】
■午前 11:30~13:30
■午後 16:00~20:00
【休診日】
土曜・日曜・祝日
【予約専用QRコード】
下記より簡単に診療予約が可能です。
予約専用QRコード
麹町皮ふ科クリニックWEB予約
AGA
舌下免疫療法