ワクチンを麹町の駅近くで接種するなら肝炎・ポリオ・腸チフスのワクチンも常備している【麹町皮ふ科クリニック】へ!~肝炎について~

ワクチンは麹町の【麹町皮ふ科クリニック】へお任せ!~肝炎・腸チフスのワクチンも常備!~

ワクチンは麹町にある【麹町皮ふ科クリニック】へお任せください。平日夜8時まで診療を行う【麹町皮ふ科クリニック】ではポリオや肝炎、腸チフスなど、海外渡航のご予定のある方に接種していただきたいワクチンを常備しています。

腸チフスはチフス菌に感染して10~14日間の潜伏期間を経て、筋肉痛を伴う高熱、全身倦怠感、便秘、バラ疹などの症状が現れ、最悪の場合、腸穿孔や出血を引き起こして命を落とすこともある感染症です。特に、東南アジアやアフリカ地域に渡航予定のある方は事前にワクチンの接種を行うことをお薦めします。

麹町でワクチンの接種をお考えならポリオも接種できる【麹町皮ふ科クリニック】へ

麹町のそばでワクチンの接種をご希望の際は、ポリオのワクチンも常備する【麹町皮ふ科クリニック】までご予約ください。

過去には日本でも大流行したポリオは、主に乳幼児がかかることの多い感染症です。ほとんどが風邪のような症状ですが、乳幼児期に罹患すれば手足に麻痺が起こり運動障害の後遺症が残ることがあります。

ポリオはワクチンの接種で防げるため、特に、ナイジェリア、インドなどポリオが流行している国へ渡航する際は、麹町の駅そばにある【麹町皮ふ科クリニック】でワクチンの接種をご検討ください。

肝炎の感染経路

肝炎ウイルスにはA型~E型があり、主に飲食物から感染するA型・E型に対して、B型・C型・D型は血液や体液から感染します。

例えばA型肝炎は、汚染された水を飲んだり、その水で洗った野菜や果物などを食べないよう注意が必要です。B型肝炎は性的接触をはじめ、海外での外傷治療や手術などが感染経路になるケースがあります。A型肝炎は途上国を中心に広く分布し、B型肝炎は世界中にあります。特にB型肝炎は、治癒後もキャリアとなり、肝硬変や肝がんに進行するリスクがあります。肝炎ウイルスに感染する可能性がある国へ渡航する場合は、事前のワクチン接種をおすすめいたします。

【麹町皮ふ科クリニック】ではA型肝炎、B型肝炎に対して、国産ワクチン・輸入ワクチンをご用意しております。その他にも様々な種類のトラベルワクチンの接種が可能です。スケジュールや必要なワクチンの種類などは面談の際に詳しくご相談させていただきます。トラベルワクチンの詳細については、当院ホームページにてご確認ください。

医院名 麹町皮ふ科クリニック
住所 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル地下1階
アクセス 市ヶ谷駅より麹町駅下車、1番出口より徒歩1分(計約5分)
診療内容 皮膚科全般、海外渡航の予防接種、アレルギー科、美容皮膚科

 

関連記事

  1. 千代田区でトラベルワクチンをご希望なら~トラベルワクチンの種…

  2. 麹町でワクチンの接種・夜間診療に対応~海外渡航の前にワクチン…

  3. 千代田区でトラベルワクチン(髄膜炎・腸チフス)を受けるなら完…