医師紹介 - 林 伸子

林 伸子

些細なことでも気軽にご相談できるよう心がけています。

保険診療から自由診療まで幅広い治療の選択肢をご提案し、質の高い医療を提供できるよう精進してまいります。

形成外科医として大学病院、市中病院で研鑽をしてきました。大学では主にマイクロサージャリーを、市中病院では一般皮膚科から一般形成外科をメインに診療に携わってきました。形成外科は整容的な面も考慮して治療する科です、保険診療の限界を感じ、自由診療の良さを取り入れるべく、美容皮膚・外科の研鑽も積んでまいりました。これまでの経験を活かして、皆様のご要望に対して最善の治療をご提案していきます。

専門

日本形成外科学会専門医

専門分野

一般形成外科(皮膚腫瘍切除、再建、褥瘡、外傷、熱傷、眼瞼下垂、腋臭症、陥入爪など)、マイクロサージャリー、美容皮膚科(レーザー、ヒアルロン酸、ボトックス)、美容外科(目の下のクマ治療、スレッドリフト、切開二重、埋没など)

経歴

2011年3月 旭川医科大学医学部 卒業
2011年4月 国立国際医療研究センター
2013年4月 東京大学医学部附属病院 
2014年10月 東名厚木病院
2015年4月 虎の門病院
2016年4月 国保旭中央病院
2018年2月 安房地域医療センター
2021年6月 Theoryクリニック
2022年8月〜 麹町皮ふ科・形成外科クリニックにて非常勤として勤務
(2019年4月〜 東京医科歯科大学 医歯学総合研究博士課程 在籍中)

資格

アラガン社ボツリヌス注射VST認定医
アラガン社ヒアルロン酸VST認定医

所属学会

日本形成外科学会
日本リンパ学会
世界リンパ学会
日本美容皮膚科学会
日本美容外科学会(JSAS)
日本美容外科学会(JSAPS)
日本抗加齢医学会
日本再生医療学会

研究発表論文等

論文 (筆頭のみ)
Hayashi N, Yamamoto T, Hayashi A, Yoshimatsu H. Correlation between indocyanine green
(ICG) patterns and real-time elastography images in lower extremity lymphedema patients. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2015 Jul 6. pii: S1748-6815(15)00318-6.


2014年 Chang Gung Mayo Clinic, The 5th Symposium in Reconstructive Surgery
Best Paper “TAP-SCIP Conjoint flap”
2016年 Annual Meeting of American Society for Reconstructive Microsurgery
Outstanding Paper Award“Correlation between Indocyanine Green(ICG) Patterns and Real-time Elastography Images in Lower Extremity Lymphedema Patients”

発表(ポスター発表除く)
2013年 関東形成外科・第274回東京地方会 DAP flapを用いた手指機能再建の可能性
第40回 日本マイクロサージャリー学会学術集会 胸背動脈穿通枝皮弁-浅腸骨回旋動脈穿通枝皮弁(TAP-SCIP flap)を用いた巨大連合皮弁による再建術
上肢先天奇形異常研究会 右単指症に対する足趾移植による把持機能を再建した一例およびCrane principleを応用したSCIP flapを用い治療したectopic little fingerの一例-第2報-
2014年 Barcelona Breast Meeting, Panel
“Is Volumetry the Best Modality?: Index for Body-type Corrected Lymphedematous Volume Evaluation”
40th European Society of Lymphology Congress, Panel
“Pathophysiological Arm Lympoedema Evaluation using Indocyanine Green Lymphography Acrobatic Lymphatic Supermicrosurgery”
16th International Course on Perforator Flaps, Panel
“Thoracodorsal Artery Perforator flap with capillary perforator (TAPCP) for reconstruction of upper limb”
第57回 日本形成外科学会総会・学術集会 ALT flap を用いた手指再建
第57回 日本手外科学会学術集会  ALT flapを用いた手指再建
第41回 日本マイクロサージャリー学会学術集会 陰部リンパ浮腫に対するリンパ管細静脈吻合術の有用性
2015年 第39回 日本リンパ学会総会 下肢リンパ浮腫患者におけるIndocyanine Green(ICG)とReal time Elastography所見の相関性について
第58回 日本形成外科学会総会・学術集会 下肢リンパ浮腫患者におけるIndocyanine Green(ICG)とReal time Elastography所見の相関性について
第64回共済医学会 シリコンによる豊胸術43年後に右乳癌を発症した1例
2016年 東京大学医学部形成外科学教室 第27回 同門学術集会  当院(虎の門病院)の乳房再建におけるエキスパンダーによる合併症
第59回 日本形成外科学会総会・学術集会 シリコン注入による豊胸術後に生じた合併症の2例
2017年 東京大学医学部形成外科学教室 第28回 同門学術集会
腋臭症手術には陰圧ドレーン留置のみでよく、腋窩のガーゼ圧迫固定は不要である

趣味

旅行、映画鑑賞

言語

日本語、英語

<自費診療>
目の下のクマ(脱脂脂肪注入
しみ、たるみ治療(レーザースレッドリフト
ヒアルロン酸ボトックス
美肌ニキビ跡治療
切開二重埋没

<保険診療>
皮膚腫瘍切除
腋臭症手術
眼瞼下垂
ケロイド
外傷
熱傷

 

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分・WEB予約でスムーズ

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分、各駅からアクセス良好な他、四ツ⾕や⾚坂⾒附駅からも徒歩でお越しいただけます。地下鉄をご利用頂けば市ヶ谷駅からも約5分でお越しいただけます。東京メトロの複数路線をご利⽤いただけるため、他県からも患者様にお越しいただいております。

 
診療内容

google map

駅から近い!夜7時まで診療

〒102-0093
東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル地下1階

【ACCESS】
麹町駅:1分、半蔵門駅:4分、永田町駅:5分、四ツ谷駅:10分、赤坂見附駅:10分、市ヶ谷駅(有楽町線+徒歩):5分
【診療時間】
■平日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜19:00(最終受付18:30)

■土曜日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜17:00(最終受付16:30)

■日曜日・祝日
日曜・祝日の診療時間につきましては、お知らせをご覧ください。
【休診日】
不定休
【電話でのお問い合わせ】
03-6261-4320
※保険診療は電話予約制ではありません。
直接ご来院ください。
麹町皮ふ科・形成外科クリニック電話予約