下肢静脈瘤、毛細血管拡張症

下肢静脈瘤は非常に身近な血管の疾患ですが、通常は生命を脅かす危険はありません。しかし軽症でも女性は美容的に悩むケースも多く、また、重症化すると不快な症状を呈するため、適切な治療が必要となります。

下肢静脈瘤の症状

主な症状は、下肢のだるさや浮腫、疲れやすさ、痛み、こむら返りなどで、重症化すると湿疹、色素沈着などのうっ滞性皮膚炎から皮膚潰瘍を形成することもあります。女性に多く見られ、妊娠、出産を契機に発症することも多いです。増悪因子は立ち仕事、加齢、肥満とされており、職種では調理師、美容師などに多く見られます。

  • 脚の静脈がポコポコと拡張して目立つ
  • 脚がむくむ、重い
  • 脚がよくつってしまう、しびれる
  • 皮膚が黒い、硬くなってくる

治療方法
当院では最新の高周波超音波装置、レーザー機器、高性能顕微鏡を用いて形成外科専門医である院長が対応いたします。自費で行なっているクリニックがありますが、全て保険診療で対応可能です。

1.高位結紮術

下肢静脈瘤の原因となっている逆流血管が屈曲・蛇行している場合などには、結紮(けっさつ)術を用います。皮膚に局所麻酔を行い、1~2cm皮膚を切開し、原因となっている血管をしばる方法です。局所麻酔しか用いませんので、血管内レーザー/高周波治療と同様に日帰りです。結紮後、1か月程度で硬化療法を追加する場合があります。

高位結紮術と硬化療法の組み合わせによる治療の原理

2.硬化療法

小さな静脈瘤に対してや血管内レーザー/高周波治療・高位結紮術の後に追加治療として行います。
静脈瘤に直接細い針を刺し、硬化剤という薬を注入します。硬化した静脈瘤は半年程度で吸収されて消失します。当院では、皮膚に埋もれた表面から見えない静脈瘤に対しても超音波を使って硬化療法を行うことが出来ます。現在この方法が使用可能な施設は全国でもごくわずかです。

高位結紮術 <<保険診療>>
2,600円〜(3割負担)
6,200円〜(3割負担)
4,000円〜(3割負担)
11,500円〜(3割負担)
10,000〜26,000円
370円〜(3割負担)
硬化療法 <<保険診察>>
8,100円〜(3割負担)
7,500円〜(3割負担)

健康保険証をお持ちでない方、海外在住の方で自費診療になる方はお問い合わせください。

※民間の医療保険・生命保険などに加入されている方へ民間の医療保険・生命保険などに加入されている方は、手術を受けた際に手術給付金が支給される可能性があります。ただし、保険内容はご加入の保険によってそれぞれ異なりますので、各保険会社の担当の方にお問い合わせください。
保険給付を希望される場合は、各保険会社所定の診断書をご持参ください。
当院で記入させていただきます(有料です)。

診療内容

google map

駅から近い! 各種トラベルワクチン常備 夜8時まで診療

〒102-0093
東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル地下1階

【ACCESS】
麹町駅:1分、半蔵門駅:4分、永田町駅:5分、四ツ谷駅:10分、赤坂見附駅:10分、市ヶ谷駅(有楽町線+徒歩):5分
【診療時間】
■午前 10:00~13:00
■午後 14:00~19:00
【診療時間/土曜】
■午前 10:00~13:00
■午後 14:00~17:00
【休診日】
日曜・祝日
麹町皮ふ科・形成外科クリニック電話予約
AGA
舌下免疫療法