鼻の形でお悩みの方へ【鼻中隔延長術】とは

日本人を含むアジア人の鼻は、欧米人と比べると低くて丸みのある形が多い傾向です。鼻の形の好みは人によって異なりますが、すらっと高く伸びているスマートな鼻に憧れを持つ人も多いことでしょう。鼻の形を変える方法に鼻中隔延長術という施術があります。この記事では、鼻中隔延長術とはどのようなものかについて、施術の方法や効果、副作用などとともにわかりやすく解説します。

「鼻中隔延長」とは鼻中隔の長さを延ばして鼻先を下げる方法で、鼻中隔延長を行う施術を「鼻中隔延長術」といいます。正面からでも鼻の穴が目に付きやすい豚鼻や鼻先が丸くて低い団子鼻など鼻の形にコンプレックスを感じている人、また、鼻が短いことや鼻の下が間延びしていることに悩んでいる人などにおすすめの手術です。そのほか、欧米人のようなシャープで美しい鼻筋を手に入れたい人や鼻の向きのバランスを整えたい人などにも向いています。対して、皮膚が厚くて硬い人は、施術の効果が出にくいため不向きです。もともとの体質や過去の鼻の手術の経験などから手術に必要となる鼻の粘膜や皮膚の量が足りない人は、施術を受けること自体が難しくなる場合もあります。施術を受けられるか、効果が期待できるかなどについて不安がある場合には、事前に医師などに相談しておくとよいでしょう。

 

鼻中隔延長術の方法

鼻中隔延長術では、まず、鼻中隔に軟骨を移植する施術を行って鼻先を延ばします。鼻中隔とは鼻腔(鼻の内部)を左右に分ける仕切りの壁です。一方、軟骨とは弾力性を持つ骨のことで、鼻中隔延長術の移植では耳介軟骨、鼻中隔軟骨、肋軟骨などを使用します。軟骨を移植したら続けて行われるのが、延長した鼻先に鼻翼軟骨(びよくなんこつ)を固定する作業です。鼻翼軟骨とは鼻の穴を囲むようにある、鼻先の柔らかくなった箇所の軟骨を指します。鼻翼軟骨を縫い付けて、希望のデザインになるように形を整えたら手術は終了です。

移植で使用する主な3つの軟骨

鼻中隔延長術の移植に使用される軟骨の1つである耳介軟骨は耳の裏側にある軟骨です。耳介軟骨には、柔らかいがゆえの変形のリスクがある反面、必要量を十分に確保しやすく、採取するときの負担が少ないというメリットがあります。さらに、採取時には耳の裏を数センチメートル切開するだけであるため傷跡が目立ちません。一方、鼻中隔の軟骨である鼻中隔軟骨は必要量を確保しづらいというデメリットはありますが、薄くて強度が高い点から施術では使いやすい軟骨とされています。そして、耳介軟骨や鼻中隔軟骨を採取できなかった場合に使用されるのが、肋骨と胸骨を結び合わせている肋軟骨(ろくなんこつ)です。肋軟骨は採取しやすく強度が高い点は魅力ですが、鼻に使用するには硬すぎること、将来曲がってしまう可能性があること、採取したときの手術跡が胸部に残るといったデメリットがあります。

鼻中隔延長術は鼻先や鼻筋を理想に近づける効果が期待できる施術です。理想に向けてデザインを細かく調整しやすい点が特徴で、移植によって、鼻先の向きや長さ、大きさ、鼻の高さなどを比較的自由に作りやすくなっています。また、インプラントのような人工的な部品を体内に入れることをせず、施術を受ける本人の組織を移植するため、移植による異物反応のリスクがない点も魅力です。さらに、理想の鼻の形の半永久的な維持にも期待が持てるため、その後の経過や状態に問題がなければ、定期的に手術を繰り返す必要がありません。

ただし、下記のようなデメリットや副作用、注意点もあるため、知っておきましょう。

鼻中隔延長術のデメリット

鼻中隔延長術は先述したようなさまざまな効果が期待できる施術である分、手術による負担が大きく、ダウンタイムが長い点はデメリットです。ダウンタイムとは施術をしてからもとの日常生活に戻れるまでの期間をいいます。ダウンタイムは人によって異なりますが、際立った症状が見られる期間は1~3週間後くらいまでであることが一般的です。その後は徐々に良くなり、3カ月程度経過すると手術した箇所も落ち着いてきます。ただし、時間がかかる人の場合にはなじむまでに6カ月程度かかることもあります。

鼻中隔延長術の主な副作用

術後は傷口が赤くなったり、痛みを感じたりする可能性があります。また、施術の際に鼻の粘膜を剥がすため、粘膜が腫れて鼻づまりが起き、鼻呼吸がしにくくなるケースも少なくありません。そのほか、腫れや内出血、傷跡が硬くなるといった症状が起こる場合もありますが、通常であれば、月日の経過とともに落ち着いてきます。ただし、内出血が長引いたり、ひどい痛みやしびれが生じたり、化膿、知覚異常、そのほか、不安な症状が出た場合には、医師などに診てもらったほうがよいでしょう。

術後の注意点

術後の状態を悪化させず、きれいな仕上がりにするためには、ダウンタイムの過ごし方に気を付けなければなりません。術後1週間程度は血流を良くする飲酒や入浴、激しい運動は控える必要があります。洗顔やシャワーは当日も禁止です。鼻に負担をかけるメガネの長時間の着用やうつぶせで寝ることも、施術を受けた後1カ月程度は避けなければなりません。鼻の状態が安定するまでは、鼻を触りすぎたり力や刺激を与えることがないように十分な注意が必要です。

関連ページ

監修医師

苅部 淳Karibe Jun理事長

苅部 淳 日本形成外科学会形成外科専門医
略 歴
順天堂大学医学部卒業
東京大学附属病院形成外科 入局
埼玉医大総合医療センター 形成外科・美容外科 助教
福島県立医大付属病院 形成外科
寿泉堂総合病院 形成外科
山梨大学附属病院形成外科 助教・医局長
東京大学附属病院 精神科
専 門
日本形成外科学会形成外科専門医
日本抗加齢学会専門医
日本医師会認定産業医
専門分野
形成外科一般、マイクロサージャリー、リンパ管吻合術、乳房再建術、性適合手術、美容外科手術、静脈瘤、レーザー治療など。
美容外科手術、レーザー、ボトックス、ヒアルロン酸等
大手美容外科クリニックで長年にわたり研鑽を積み、形成外科専門医として医師の診療、指導にあたっている。

関連記事

  1. 二重でお悩みの方向け【二重切開法】とは

  2. 顎の形でお悩みの方へ【顎プロテーゼ】とは

  3. 乳頭の陥没でお悩みの方

  4. 頬のシワやたるみでお悩みの方へ【フェイスリフト】の効果

  5. 鼻の形や高さでお悩みの方へ【鼻尖形成術】の効果

  6. まぶたのたるみや重さでお悩みの方へ【眉下切開】とは