形成外科

豊富な臨床経験を持つ形成外科専門医が形成外科の診療全般に対応

当院では患者さま一人一人に寄り添う治療を行っています。

例えば傷跡一つとってもそれに対する悩みは患者一人ひとりで違います。機能的に困っているのか、見た目が気になるのかなど具体的なお悩みをお気軽にご相談ください。患者さんそれぞれにあった治療法を行います。

主な診療
皮膚のできもの、けが、やけど、傷あと、ケロイド、わきが、眼瞼下垂、リンパ浮腫、静脈瘤、性同一性障害の治療を行っています。
また、切除した組織欠損や手術跡の変形に対する機能・整容的な再建を行っています。
母斑、母斑症、あざ、シミ、血管腫などの色素異常に対するレーザーや外用剤による治療も行っています。

お気軽に相談ください。

ほくろ(色素性母斑)は、成長していく過程で母斑細胞(色素細胞に似ている)が皮膚または皮膚の下で増殖した状態を指します。悪性腫瘍の可能性があるなど疾患としての問題がある場合保険診療の手術適応となります。
>> 詳しくはこちら

粉瘤とは、垢や皮脂などの老廃物が皮膚の下に溜まることによりできる良性腫瘍のこと。粉瘤は、手術によってのみ治療が可能で、自分で潰したり放置すると、炎症を起こして痛みを伴う可能性があります。
>> 詳しくはこちら

脂肪腫とは脂肪細胞からなる良性軟部腫瘍で、いわゆる「脂肪のかたまり」のこと。脂肪腫は自然治癒せず、手術で摘出する必要があります。なお、脂肪腫には類似する疾患が多くあるため注意が必要です。
>> 詳しくはこちら

眼瞼下垂とは、まぶたが下に垂れ下がることによって目が開きにくくなる状態のこと。「いつも眠たそうに見える」などの見た目に関する問題も起こりえます。複数の手術方法から適した方法を選択しましょう。
>> 詳しくはこちら

ワキガ(腋臭症)とは、その名の通り、 わきから臭いが発する状態のことを指します。ワキガは、あたかもその人の体質のように受け取られがちなため放置されていることが多いですが、 実はワキガは腋臭症という診断病名として認められている病気なのです。
>> 詳しくはこちら

ケロイドの発生は遺伝的な素因があることもあり、アレルギー疾患をもつ人に多いようです。ケロイドの見た目は肥厚性瘢痕に似ているのですが、大きな違いは、傷を越えて正常皮膚まで病変が広がることです。また、痛みやかゆみを伴うことが多いです。ケロイドは治療効果が期待できない場合が多く、再発、増悪が多いです。しかし、治療により症状の軽減が期待できます。
>> 詳しくはこちら

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分・WEB予約でスムーズ

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分、各駅からアクセス良好な他、四ツ⾕や⾚坂⾒附駅からも徒歩でお越しいただけます。地下鉄をご利用頂けば市ヶ谷駅からも約5分でお越しいただけます。東京メトロの複数路線をご利⽤いただけるため、他県からも患者様にお越しいただいております。

診療内容

google map

駅から近い! 各種トラベルワクチン常備 夜8時まで診療

〒102-0093
東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル地下1階

【ACCESS】
麹町駅:1分、半蔵門駅:4分、永田町駅:5分、四ツ谷駅:10分、赤坂見附駅:10分、市ヶ谷駅(有楽町線+徒歩):5分
【診療時間】
■午前 10:00~13:00
■午後 14:00~19:00
【診療時間/土曜】
■午前 10:00~13:00
■午後 14:00~18:00
【休診日】
日曜・祝日
【予約専用QRコード】
下記より簡単に診療予約が可能です。
予約専用QRコード
麹町皮ふ科・形成外科クリニックWEB予約
AGA
舌下免疫療法