傷跡やケロイドでお悩みの方は当院にお任せください。

ケロイド 後ろを向いた女性

傷跡

擦り傷や切り傷、ニキビや手術によるキズが治ると、キズあとが残ることがあります。一般的に深いキズほど目立つキズあととなり、美容的に問題となります。
浅いキズでも面積が広いとやはり目立つキズあとになることがあります。最初は赤かったキズが、時間が経つにつれ肌色から白色に近づいていくのが普通の経過で、このようなキズあとを「成熟瘢痕」といいます。一般的に成熟瘢痕の治療は、単に見た目の問題ですので、健康保険を適用しての治療ができないことが多いです。

深いキズは肥厚性瘢痕となることが多いですし、キズが関節や首など、体が動くと引っ張られる場所にできると、ほとんどのキズが肥厚性瘢痕となります。肥厚性瘢痕は炎症がなかなか引かないキズあとと考えるとよろしいかと思います。関節のキズはいつでも引っ張られますので、炎症がその都度おこり、なかなか炎症が引きません。完全に炎症が引くまで、1年から5年くらいかかることもあります。

ケロイド

キズあとには、肥厚性瘢痕よりも炎症が強いものがあり、それを「ケロイド」といいます。ケロイドの発症にはケロイド体質関与が大きく、遺伝することもあります。肥厚性瘢痕やケロイドは、熱傷や外傷、毛のう炎、手術創やBCG、ピアス穴などからできます。皮膚は表皮と真皮から出来ていますが、この真皮の深い部分にキズができると発症します。ニキビでも皮膚の表面近くで生じた浅いものではケロイドになりませんが、毛穴の毛根近くで生じた深いものではケロイドになります。

治療

1)飲み薬

飲み薬ではトラニラスト(リザベン®)が有効であるとされています。これは抗アレルギー剤であり、肥厚性瘢痕やケロイドの組織中にある各種炎症細胞が出す化学伝達物質を抑制することにより、痒みをはじめとする自覚症状を抑え、さらには病変自体を沈静化させると考えられているものです。また漢方薬の柴苓湯が使われることもあります。これらの効果は強くないので、他の治療法と合わせて用いられます。

2)塗り薬

塗り薬として効果のあるものにはいくつかあります。炎症を抑える目的での、アンテベート®をはじめとするステロイド軟膏・クリームや、非ステロイド系抗炎症剤、ヘパリン類用物質であるヒルドイドソフト軟膏®などです。炎症が軽度な肥厚性瘢痕は治癒する可能性がありますが、ケロイドは塗り薬だけで治療することは難しいのが現状です。

3)貼り薬

ステロイドのテープ(ドレニゾンテープ®やエクラー®プラスター)が用いられます。特にエクラー®プラスターの効果は高く、皮膚が厚い大人には大変有効です。皮膚の薄い小児や高齢者にはドレニゾン®テープでも十分な効果が得られます。かぶれを生じなければ長く使用することで肥厚性瘢痕やケロイドの盛り上がりが改善します。

4)安静・圧迫・固定具

肥厚性瘢痕やケロイドは、日常動作で皮膚が引っ張られる部位にできて悪化する傾向が強いので、キズあとと周囲の皮膚を固定してしまう方法が有効です。シリコーンテープや医療用の紙テープ(サージカルテープ)、シリコーンジェルシートやポリエチレンジェルシート、また包帯や腹帯、サポーターやガーメント、コルセットなどでも固定も有効です。これらも他の治療法と組み合わせて行うべき治療の1つです。

5)注射

ステロイド(ケナコルト®)を注射することがあります。赤みや盛り上がり、痛みや痒みは速やかに軽減します。効果が強すぎるとかえって凹んだ瘢痕になることもあります。塗り薬と同じく、ステロイドであるため、周囲の皮膚が薄くなって毛細血管が拡張することも欠点です。また硬い瘢痕の中に注射すると痛みが出るため、痛くない注射・効果的な注射には熟練の技術が必要です。女性ではステロイドの影響で生理不順が生じることもあるため注意が必要です。

6)レーザー

ケロイドの治療に血管作動性レーザー(血管の数を減らすレーザー)が有効です。代表的なものはNd:YAGレーザーですが、現在では健康保険を適用しての治療はできません。

関連ページ

監修医師

苅部 淳Karibe Jun理事長

苅部 淳 日本形成外科学会形成外科専門医
略 歴
順天堂大学医学部卒業
東京大学附属病院形成外科 入局
埼玉医大総合医療センター 形成外科・美容外科 助教
福島県立医大付属病院 形成外科
寿泉堂総合病院 形成外科
山梨大学附属病院形成外科 助教・医局長
東京大学附属病院 精神科
専 門
日本形成外科学会形成外科専門医
日本抗加齢学会専門医
日本医師会認定産業医
専門分野
形成外科一般、マイクロサージャリー、リンパ管吻合術、乳房再建術、性適合手術、美容外科手術、静脈瘤、レーザー治療など。
美容外科手術、レーザー、ボトックス、ヒアルロン酸等
大手美容外科クリニックで長年にわたり研鑽を積み、形成外科専門医として医師の診療、指導にあたっている。

関連記事

  1. わき汗・わきがでお悩みの方へ

  2. 花粉症治療薬~ゾレア~

  3. 皮膚科を麹町でお探しなら【麹町皮ふ科・形成外科クリニック】へ…

  4. 半蔵門で皮ふ科・形成外科クリニックをお探しなら【麹町皮ふ科・…

  5. パッチテスト(化粧品、金属、日用品などでかぶれやすい人)

  6. ニキビ治療なら、半蔵門駅すぐの麹町皮ふ科・形成外科クリニック…