二重でお悩みの方向け【二重切開法】とは

目元の印象は顔全体の印象を決めます。二重まぶたは市販のメイク道具で作ることもできますが、よりきれいな二重まぶたを作るために二重整形を選択する人も増えています。特に半永久的にきれいな二重まぶたのラインが手に入る二重切開法は、元々まぶたに厚みがあり腫れぼったい人や一重まぶたの人にもおすすめの方法です。この項目では埋没法との違いを交えながら、二重切開法の特徴やダウンタイムについてくわしく紹介します。

埋没法とはコラーゲン線維で作られた糸をまぶたに埋め込んで二重まぶたを作る方法で、まぶたを切らないところが切開法との大きな違いです。切開法に比べると手術時間や術後のダウンタイムが短く、術後の傷跡も分かりにくいです。しかし人によっては埋め込んだ糸がすぐに緩んでしまい、好みのデザインにしづらいなどのデメリットもあります。元々まぶたに脂肪が多い人や、まぶたにたるみのある人には向かない方法です。

 

切開法はまぶたを切る長さから、小切開と全切開に分かれます。小切開はまぶたの中心部分、あるいは両脇を部分的に切開し専用の糸で縫う方法です。「部分切開」と呼ばれることもあります。埋没法との大きな違いは、切った部分の皮膚を縫い合わせているので、二重まぶたが一重まぶたに戻るようなことはありません。全切開法と比べると、まぶたの脂肪や厚みが少ない人に向いている方法ですが、切った部分の脂肪や皮膚のたるみを取り除くこともできます。切開法のダウンタイムの長さが気になる人にもおすすめの方法で、全切開と比べると腫れが引くまでに時間がかかりません。全切開法に比べると、費用相場も抑えめに設定されています。

 

全切開はまぶたの上を大きく切る方法で、切開した部分の皮膚を専用の糸で縫っていくという点では同じです。まぶたの脂肪が多い場合などは切開する範囲を広げ、まぶたの上に含まれている脂肪細胞をしっかり取り除くこともできます。まぶたの厚みや皮膚のたるみなどの解消につながるため、目元をすっきりと大きく見せる効果も期待できます。

切開法は次のような人におすすめの方法です。

元々、一重まぶたの人

埋没法だと、糸を埋没させている状態なので、糸が取れやすい体質の人もいます。また、目を強くこすった際や、時間の経過によっても二重が一重に戻ってしまうケースもあります。仮に糸をとめる部分を増やしたとしても、一部分が取れてしまうと不自然な目元になってしまうこともあります。埋没法はやり直しもできますが、何度も手術をくり返すと目元が不自然になったり、アレルギー反応を起こしたりするリスクも出てきます。一重まぶたで何度も埋没法を受けたくないと考える人は、半永久的に二重まぶたになる切開法がおすすめです。

まぶたの脂肪が多く、たるみや腫れぼったさが気になる人

まぶたの脂肪が多く、まぶたのたるみや腫れぼったさが気になる人は、切開法の全切開がおすすめです。まぶたを大きく切った際に、脂肪細胞やたるみの原因となっている皮膚を取り除くことができるので、仕上がりがとてもすっきりとして、目元もぱっちりとした印象になります。

半永久的にきれいな二重まぶたを手に入れたい人

切開法はまぶたを切った部分を縫い合わせるため、元に戻すことは不可能です。逆に半永久的に二重のラインを手に入れたいという人にはおすすめです。

デザイン性の高い二重まぶたを作りたい人

切開法では、まぶたの型だけでなく幅なども具体的に決めることができます。まぶたをラインに沿って切開する方法なので、埋没法では実現できなかったデザインも実現が可能です。憧れの芸能人と同じような目元に仕上げたいという場合にもおすすめできます。

切開法は埋没法と比べるとダウンタイムが長くなる傾向があり、小切開で2~3週間程度、全切開で1カ月から1カ月半前後になります。また切り取った脂肪細胞が大きい人ほど長くなる傾向があります。全切開をした場合でもほとんどの人は2カ月以内に違和感なく過ごせるようになるでしょう。

手術から抜糸までの1週間ほどは入浴を避け、化粧やコンタクトレンズの使用もできるだけ避けましょう。前髪が目元にかからないよう注意も必要です。また、寝るときに枕を高くすることも、まぶたのむくみを防ぐのに役立ちます。腫れは次第に引いていきますが、時間がたっても腫れが引かない場合や痛みが強い場合などは、ご相談ください。

関連ページ

監修医師

苅部 淳Karibe Jun理事長

苅部 淳 日本形成外科学会形成外科専門医
略 歴
順天堂大学医学部卒業
東京大学附属病院形成外科 入局
埼玉医大総合医療センター 形成外科・美容外科 助教
福島県立医大付属病院 形成外科
寿泉堂総合病院 形成外科
山梨大学附属病院形成外科 助教・医局長
東京大学附属病院 精神科
専 門
日本形成外科学会形成外科専門医
日本抗加齢学会専門医
日本医師会認定産業医
専門分野
形成外科一般、マイクロサージャリー、リンパ管吻合術、乳房再建術、性適合手術、美容外科手術、静脈瘤、レーザー治療など。
美容外科手術、レーザー、ボトックス、ヒアルロン酸等
大手美容外科クリニックで長年にわたり研鑽を積み、形成外科専門医として医師の診療、指導にあたっている。

関連記事

  1. 鼻の形でお悩みの方へ【鼻中隔延長術】とは

  2. 頬のたるみやしわでお悩みの方へ【バッカルファット除去】とは

  3. まぶたのたるみや重さでお悩みの方へ【眉下切開】とは

  4. 頬のシワやたるみでお悩みの方へ【フェイスリフト】の効果

  5. 豊胸手術でお悩みの方へ【アクアフィリング豊胸除去】とは

  6. 鼻の形や高さでお悩みの方へ【鼻尖形成術】の効果