二重でお悩みの方向け【二重埋没法】とは

目は、さまざまある顔のパーツのなかでも第一印象を決める大事なパーツといわれています。目をより大きく見せて、明るく華やかな印象を与えたい場合には、二重まぶたを作る方法が有効です。二重まぶたを作る方法はいくつかありますが、ここでは、比較的気軽に受けやすい二重埋没法について、その特徴や切開法との違い、施術を受けることが向いている人などを解説します。

二重埋没法とは、非常に細くできた医療用の糸をまぶたの皮膚の外側から結膜がある裏側に通して固定させることで二重を作る方法です。二重を作る方法には、メイクの一環として気軽に使えるアイプチやアイテープなどの市販品を使用する手段もあります。しかし、これらは、何度も使用することでかぶれなどのリスクやまぶたのたるみに繋がるケースがあります。一方、手術を行うことで、まぶたのたるみやかぶれの心配もせずに二重を作ることが可能です。特に、二重埋没法は手術時間が短いため比較的気軽に受けやすい治療法です。二重幅のでき上がりに不満があれば手術のやり直し可能な手術です。

 

また、まぶたが厚い人で二重の幅が安定しない場合には脱脂と併せて施術を行うとすっきりとした二重を作ることが可能です。脱脂とは脂肪を取り除く施術で、二重まぶたの施術を行う際にはまぶたの厚みの原因となる眼窩(がんか)部分の脂肪を除去します。眼窩とは目の玉が収まっている骨がくぼんだ部分です。

 

切開法との違い

まぶたを二重にする方法には切開法もあります。切開法は、皮膚にメスを入れない二重埋没法とは異なり、まぶたの皮膚を切り開いて二重のラインを作る方法です。二重になる目頭から目じりまでのすべてのラインを切開する「全切開法」と部分的に数ミリだけ切開する「部分切開法(小切開法)」があります。いずれにしても切開法は皮膚を切る手術のため、二重埋没法と比べて術後の負担は大きくなります。また、治療後のイメージと違っていたり修正したい場合も一度切開してしまうと修正手術が難しくなります。ただし、埋没法より長持ちしやすい点が切開法のメリットです。埋没法を行ってから数年後に切開法を選択する方もいます。

二重埋没法はどのような人に適した方法なのでしょうか。ここでは、二重埋没法がおすすめの人と向かない人について具体的に紹介します。

二重埋没法がおすすめの人

そもそも、二重埋没法は皮膚を切らない方法のため、まぶたにメスを入れることに抵抗がある人や大げさな手術を避けたい人に向いています。また、施術は通常であれば数十分で終わることから、時間を多く取られずに気軽に手術を受けたい人にもおすすめです。

さらに、二重埋没法はダウンタイムが短いことも特徴のため、術後にできるだけ早く日常生活を取り戻したい人にも適しています。ダウンタイムとは治療や手術をした後、もとの生活に戻れるまでの期間のことです。皮膚にメスを入れない方法とはいえ、糸を通すことによる皮膚へのダメージはあり、術後にまぶたのむくみや腫れ、目やにの増加、人によっては目のなかの違和感や痛みを覚える人もいます。ただし、皮膚を切り開くことはしないため腫れや傷跡は後まで残りにくく、切開法と比べて早くもとの生活に戻れることが一般的です。学生などの未成年者でも通常は親権者の同意があれば施術を受けられるため、毎日の負担なくぱっちりとした二重を作りたい人や目の印象に悩んでいる人は、休みなどを利用して施術を検討してみるとよいでしょう。

二重埋没法は、そのほかにも将来的に二重をもとに戻す可能性がある人や二重を修正する可能性も考えて手術を受けたい人にも向いています。二重埋没法は糸で皮膚を留めているだけだからです。抜糸をすれば簡単にもとの状態に戻すことができ、その後にあらためて二重を作る手術を受けることもできます。

 

実際に、二重にする手術を受けたものの左右のバランスや二重の幅などのでき上がりに満足できず、より希望のでき上がりに近づけるために別の病院で手術をやり直す人も少なくありません。せっかく手術をしたのに満足できないデザインのまま我慢する必要がない点は、二重埋没法の大きな魅力です。そのほかにも、術後の目に違和感を覚えるときや、糸が外れたりゆるんだりしてしまったときにも施術を受け直すことができます。
当院では埋没法の他院修正も行っております。

二重埋没法が向かない人

二重埋没法は糸で皮膚を固定しているだけであるため、時間とともにゆるんだり、摩擦などでラインが崩れてしまったりする可能性があります。半永久的に二重にしたい人は切開法が適していますが、切開法はメスを入れる手術のため、担当する医師によるものの、傷跡が目立って残ってしまうリスクがあることは知っておきましょう。また、上まぶたの脂肪やたるみが多い人には二重埋没法の施術が難しくなります。脂肪がたくさんあると糸が埋まりにくく、たるみが強いと糸をしっかり支えられなくなるからです。そのため、脂肪が多い人やまぶたに厚みがある人などは切開法で施術を受けることが一般的です。

 

眼瞼下垂だと二重の手術だけでは目がぱっちりと仕上がらないことも

眼瞼下垂(がんけんかすい)とはまぶたを十分に開けない病気です。まぶたを開く際に活躍する眼瞼挙筋という筋肉が正常に機能しないことによって起こる症状で、先天的な原因の場合もあれば、目の疾患や加齢による筋肉の衰え、まぶたに対する何らかの刺激などによって発症する場合もあります。眼瞼下垂を発症している場合、二重の手術をしても、ぱっちりとした目の印象を作れない可能性が高いため注意が必要です。また、普段、目を開く際に、通常使用される眼瞼挙筋ではなく、額にある前頭筋が使われるようになるため、額などにしわができやすくなります。そのほか、肩こりや頭痛の原因となる恐れもあり、可能であれば早めに治療を行ったほうが安心です。眼瞼下垂は病気であるため、手術を受けても保険が適用されます。

 

関連ページ

監修医師

苅部 淳Karibe Jun理事長

苅部 淳 日本形成外科学会形成外科専門医
略 歴
順天堂大学医学部卒業
東京大学附属病院形成外科 入局
埼玉医大総合医療センター 形成外科・美容外科 助教
福島県立医大付属病院 形成外科
寿泉堂総合病院 形成外科
山梨大学附属病院形成外科 助教・医局長
東京大学附属病院 精神科
専 門
日本形成外科学会形成外科専門医
日本抗加齢学会専門医
日本医師会認定産業医
専門分野
形成外科一般、マイクロサージャリー、リンパ管吻合術、乳房再建術、性適合手術、美容外科手術、静脈瘤、レーザー治療など。
美容外科手術、レーザー、ボトックス、ヒアルロン酸等
大手美容外科クリニックで長年にわたり研鑽を積み、形成外科専門医として医師の診療、指導にあたっている。

関連記事

  1. 頬のたるみやしわでお悩みの方へ【バッカルファット除去】とは

  2. 乳頭の陥没でお悩みの方

  3. 頬のシワやたるみでお悩みの方へ【フェイスリフト】の効果

  4. 二重でお悩みの方向け【二重切開法】とは

  5. 豊胸手術でお悩みの方へ【アクアフィリング豊胸除去】とは

  6. 顎の形でお悩みの方へ【顎プロテーゼ】とは